ピッキングとは

ピッキングという言葉を一度は聞いたことがあると思います。
テレビや週刊誌などでも一時期取り上げられていました。

ピッキングが社会問題になっていたのは今から20年ほど前のことです。
この当時日本の家庭ではギザギザした形のディスクシリンダーというカギが一般的でした。カギ穴はたて型で「く」の字の形をしているものです。

このタイプのカギは窃盗団に狙われて空き巣が横行しました。
簡単にピッキングできるカギだったからです。

本来ならピッキングとは鍵屋だけの技術でした。しかし、情報化社会になっていってだれでもピッキングの道具や知識を手に入れることができるようになったのです。
今でもピッキングの方法や道具をネットで探せば見つけることができるでしょう。

このように問題になったピッキング犯罪ですが、最近はほとんど見られなくなりました。
なぜならピッキングを防ぐカギが世間に浸透したからです。
代表的なのはディンプルシリンダーと呼ばれるカギです。KABAという世界的に有名な鍵メーカーが日本に持ち込みました。
このカギはまたたく間に広まりました。今では他の鍵メーカーでも主流はディンプルキーになっています。

ディンプルキーもバンピングという方法で開けることができると一時期問題になりましたが、最近のカギはきちんとバンピング対策もされています。防犯性能の高い鍵が家を守ってくれるようになりました。

 

おすすめのサイト

鍵屋さんの基本的なこと